メール

関西・医療総合サポートセンター     

大阪府堺市~・医科歯科・事務長/連携する士業メンバーとチームになり、個人~法人の医院運営をサポートさせて頂きます。

HOMEブログページ ≫ 院長先生の「働き方改革」 ≫

院長先生の「働き方改革」<通信>

スクリーンショット (59)
2019年4月1日から始動されました、「働き方改革」。
この言葉は既に聞き慣れたり、もしかしたら聞き飽きた頃かも知れません。
歯科医院といえども、企業には変わりはない為、慌てて始めて(導入)おられる医院もあったかと思います。
1.時間外労働の上限規制...
2.年次有給休暇の確実な取得...
3.不合理な待遇差の禁止...
既に導入お済みの医院、院長先生もおられるかも知れませんが、
どういう事?いったい何をすればいいの?と、これは医院に限らず他の事業所でもよく言っていると耳にします。
もし、まだお済みでなかったり、これに伴うご質問などございましたら、厚生労働省労働局などでも相談窓口を設けてるみたいですが、私ども関西・医療総合サポートセンターでも窓口を設置しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい^^

さて、今回はスタッフさんに対する「働き方改革」のお話から入らさせていただきましたが、私ども関西・医療総合サポートセンターが提案させていただく、
「院長先生の働き方改革」は大丈夫ですか?というところです。
院長先生は、診療は勿論、患者様の事、経営やスタッフの事も考え、行動し、日々お忙しい事と存じます。

□診療後すぐに帰れていますか?
□休診日や休日は、ゆっくりお休みできておりますか?

院長先生がご自身の時間や休日を削り、医院の為に頑張っておられる事、もの凄く大切な事かと思います。
しかし、院長先生が倒れてしまったら...
某〇〇でも過酷労働や長時間残業など、問題にはなりましたが、
医院を経営する院長先生に何かあれば...
その時、働くスタッフさんは...?
と考えた時に、少し余裕“ゆとり”を持つことも大切ではないでしょうか?
私ども関西・医療総合サポートセンターは“そのような院長先生のお役に立ちたい”という思いで日々活動しております。
一度、院長先生の「働き方」を見直していただき、私たちにできる事は全力でさせていただきますので、どんな事でも構いません。
何かあればご相談ください。
院長先生は本当に日々お忙しい事かと存じますが、くれぐれもお体に気を付けお過ごしください^^
宜しくお願い致します。
2019年05月24日 16:00

関西・医療総合サポートセンター
〒591-8025 大阪府堺市北区長曽根町130番地42 さかい新事業創造センター内(S-Cube) ・堺商工会議所会員

モバイルサイト

関西・医療総合サポートセンタースマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら